<   2011年 04月 ( 11 )   > この月の画像一覧

「百花の百本。」リスト 2011/4/30 ( ordered by stock no. )

cafe moka's“one hundred book seller”list. 30th.Apr.2011


□10875 夜中に台所でぼくはきみに話しかけたかった    谷川俊太郎   青土社  19950920/27版

□13436 家 1969→96    安藤忠雄   住まいの図書館出版局  19970120/第3刷

□13168 建築はほほえむ    松山厳   西田書店

□13199 夢の書    ウィリアム・バロウズ   河出書房新社  19980522/初版

□12688 20世紀をつくった日用品    柏木博   晶文社

□13395 パパラギ   立風書房   19970520/第72刷

□13388 自分の学校をつくろう    ジョナサン・コゾル   晶文社セレクション  19870420/初版

□13392 孤独の愉しみ方    ヘンリー・ディヴィッド・ソロー   イースト・プレス  20101005/第1刷

□13323 ダダ    ハンス・リヒター   美術出版社

□13183 一千一秒物語    稲垣足穂   木馬舎  19871125/第1刷

□13391 STARCK   TASCHEN  1987

□13298 ふたりのあいだ    エリオット・アーウィット   マグナム・フォト東京支社

□21114 柳宗理    CASA BRUTUS 特別編集   マガジンハウス

□21061 芸術新潮 2010/1    私が選ぶ日本遺産   新潮社

□13355 梶井基次郎小説全集    梶井基次郎   沖積社

□13373 日本の香り   平凡社

□13385 廃虚チェルノブイリ    中筋純   二見書房

□13386 日々の100    松浦弥太郎   青山出版社

□13207 どこかにいってしまったものたち    クラフト・エヴィング商會   筑摩書房

□13325 2001年の世界    謝世輝   偕成社

□13343 光の教会    平松剛   建築資料研究社

□13381 ねむれ巴里    金子光晴   中央公論社

□13350 不東庵日常    細川護煕   小学館

□13345 葉隠 HAGAKURE    次呂久英樹/高野耕一   ピエブックス

□13352 サヨナラ、民芸。こんにちは、民藝。   里文出版

□13256 和力    松田行正   NTT出版

□13320 アフリカの日々/やし酒飲み    イサク・ディネセン/エイモス・チュツオーラ   河出書房新社

□13333 質問    田中未知   アスペクト

□13337 アルゼンチンババア    よしもとばなな   ロッキングオン

□13274 建築家の言葉   エクスナレッジ

□13251 茶の本    岡倉天心   淡交社

□12803 ル・コルビュジエと日本    高階秀爾   鹿島出版会

□13097 EYE WITNESS GUIDES FLAG   DORLING KINDERSLEY

□13178 モノ誕生「いまの生活」    水牛くらぶ編   晶文社

□13277 BUTTON MUSEUM ボタン博物館    大隈浩監修   東方出版

□13284 家ってなんだろう    益子義弘   インデックス・コミュニケーション

□13285 スモール・アンド・ビューティフル    慶應義塾大学DMF   いちい書房

□13282 ボーイフレンド物語    富岡多恵子   講談社

□13160 激しく倒れよ    沢木耕太郎   文藝春秋

□13317 海図と航海日誌    池澤夏樹   スイッチ・パブリシング

□12318 ジャズ的    平岡正明   毎日新聞社

□13253 美しい日本の道具たち    高森寛子   晶文社

□13248 クレーの絵本    谷川俊太郎   講談社

□13237 大日本道楽紀行    松山猛   小学館

□13255 Green Note 1    月刊ソトコト   木楽舎

□13156 微光のなかの宇宙    司馬遼太郎   中央公論社

□13210 十一面観音巡礼    白州正子   新潮社

□13118 茶の宇宙 茶のこころ    京都新聞社編   京都新聞出版センター

□10783 重力のデザイン    鈴木一誌   青土社

□11902 ライカ同盟    尾辻克彦   講談社

□12430 じょうぶな頭とかしこい体になるため    五味太郎   ブロンズ新社

□12762 谷川俊太郎詩集    谷川俊太郎   思潮社

□13227 俵屋の不思議    村松友視   世界文化社

□13229 自分の仕事をつくる    西村住哲   晶文社

□10006 THE BEATLES FRON YESTERDAY TO TODAY    Bulfinch

□12665 器・魯山人おじさんに学んだこと    黒田草臣   晶文社

□12844 きんぎょ    高岡一弥   ピエブックス

□13189 桃紅 私というひとり    篠田桃紅   世界文化社

□12523 増補 対極 桃山の美    倉沢行洋   淡交社  19920413/増補

□13177 幕の内弁当の美学    栄久庵憲司   ごま書房  19800101/初版

□13186 たんぽぽのお酒    レイ・ブラッドベリ   晶文社  19770530/25刷

□13187 セロ弾きのゴーシュ    宮沢賢治   岩波書店  19720128/13刷

□10215 怪しい来客簿    色川武大   話の特集  19770420/初版

□10246 ぼくのニューヨーク地図ができるまで    植草甚一   晶文社  19770630/初版

□10261 チャンピオンたちの朝食    カート・ヴォネガットJr.   早川書房  19840815/3刷

□10354 生物としての静物    開高健   集英社  19841010/1刷

□10363 10セントの意識革命    片岡義男   晶文社  19731025/5刷

□10670 定本 岳物語    椎名誠   集英社  19980810/1刷

□10770 名人は危うきに遊ぶ    白洲正子   新潮社19960125/2刷

□10916 一九七二    坪内祐三   文藝春秋  20030425/初版

□10974 写真作法    土門拳   ダヴィッド社  19770601/4刷

□11182 メメント・モリ    藤原新也   情報センター出版局  19930811/新装版4刷

□11185 映画の学校    双葉十三郎   晶文社  19740210/2刷

□11201 東京モンタナ急行    リチャード・ブローティガン   晶文社  19821025/初版

□11252 樹影譚    丸谷才一   文藝春秋  19880801/1刷

□11276 南方閑話 南方随筆    南方熊楠   平凡社  19840110/初版1刷

□11314 東京奇譚集    村上春樹   新潮社  20050918/初版

□11379 白の消息    山口信博   ラトルズ  20060929/1刷

□11455 イデオロギーとしての英会話    ダグラス・ラミス   晶文社  19821025/8刷

□11457 地獄の季節    アルチュール・ランボウ   思潮社  19730520/1刷

□11585 桂離宮    石元泰博・林屋辰三郎   岩波書店  19821021/初版

□11738 気まぐれ美術館    洲之内徹   新潮社  19970610/16刷

□11826 鞆ノ津茶会記    井伏鱒二   福武書店  19860401/第2刷

□11853 ラハイナまで来た理由    片岡義男   同文書院  20000304/初版第1刷

□11896 土星の徴しの下に    スーザン・ソンタグ   晶文社  19911220/第5刷

□11930 星の王子さま    サン・テグジュペリ   岩波書店  19630415/第4刷

□12276 良心的    山本夏彦   新潮社  19910320/初版

□12305 以下、無用のことながら    司馬遼太郎   文藝春秋  20010310/第1刷

□12332 美藝公    筒井康隆・横尾忠則   文藝春秋  19810220/第1刷

□12347 ライトの住宅    フランク・ロイド・ライト   彰国社  19701110/第1版第4刷

□12471 雅美生活 北大路魯山人    梶川芳友   何必館・京都現代美術館  19970624

□12873 風土    和辻哲郎   岩波書店  19691020/36刷

□12874 珠玉    開高健   文藝春秋  19900310/第3刷

□12882 コルシア書店の仲間たち    須賀敦子  文藝春秋  19960120/第6刷

□13006 トゥルー・ストーリーズ    ポール・オースター   新潮社  20050525/5刷

□13084 測量船 復刻版    三好達治   ほるぷ出版  19820301/第22刷

□13129 意味がなければスイングはない    村上春樹   文藝春秋  20051125/1刷

□13142 未来圏からの風    池澤夏樹   パルコ出版  19990609/第4刷

□13146 何を見ても何かを思いだす    E・ヘミングウェイ   新潮社  19931020/2刷

□13147 TinTin Au Congo / les adventures de TINTIN    Herge   casterman  199003


※販売価格につきましては、店頭でお確かめください。尚、非売品もございます。詳しくはスタッフまで。



f0221290_11302645.jpg






copyright 2003-2011 GLAN FABRIQUE inc. All rights reserved.
------------------------------------------------------------------------
[PR]
by glanfabrique | 2011-04-30 12:00 | 百花の百本。

5月3日(火・祝)「BIG BANG」展 特別企画:アーティストトーク+えま&慧奏 LIVE 決定!

f0221290_0575478.jpg


ただいま、GLAN FABRIQUE la galerie にて開催中の「BIG BANG - 淡路島で木を拾う」展に合わせ、作家によるアーティスト・トーク+ギャラリーライブを行います。
流木や森で木を拾って、または産業廃材や農業廃棄物を使って作品をつくり出す2人。自身の作品を前に、インタビュー形式でお話を聞きます。
アーティスト・トークの後は、伝説のバンド「風の楽団」で出会い、淡路島から世界に向けて音楽の力を伝える2人組のユニット「えま&慧奏」を迎えて、ギャラリーライブを行います。

日 時:2011年5月3日(火・祝) アーティスト・トーク:15:00~ ライヴ:16:30~

会 場:ギャラリー la galerie(GLAN FABRIQUE 1F)

料 金:無料(ライヴはカンパ制となります)

出 演:アーティスト・トーク・・・尾崎泰弘、竹田直樹 インタビュー:河上友信(GLAN FABRIQUE inc.代表)
    ライヴ・・・えま&慧奏 http://www.yuraiworks.com/

※作家プロフィール、在廊予定日等は web にてご確認ください。 
la galerie web:http://lagalerie.exblog.jp/12379508/
※当日、カフェ百花は通常営業しております。お席にお着きになるお客さまについては、オーダーいただきます。
※駐車場の台数に限りがございます。出来るだけ公共の交通機関を使ってお越しください。お止めいただけない場合は近隣のコインパーク等、有料駐車場のご利用をお願いいたします。
[PR]
by glanfabrique | 2011-04-29 02:02 | INFORMATION

テラス前広場にて展示中の尾崎泰弘「異次元飛行装置」が、「cafe U.F.O.」として営業中!

f0221290_134282.jpg


ただいま、GLAN FABRIQUE la galerie にて開催中の「BIG BANG - 淡路島で木を拾う」展に合わせ、テラス前広場に於いて、尾崎泰弘「異次元飛行装置」を設置、展示しています。

BIWAKOビエンナーレ2010で発表されたこの作品、今展では「cafe U.F.O.」とサブタイトルが付けられており、機体に搭乗?!していただいて、お茶していただくことができます。尾崎自身がBIWAKOビエンナーレで望みながらも果たせなかった、「カフェとしての作品活用」を今展にて実現しています。

また、この作品につきましては、GLAN FABRIQUE が行っている東日本大震災 被災者支援プログラム「OUR JAPAN LABEL」に参加しており、搭乗料としてお一組様につき ¥300/1時間 を申し受け、その全額を被災地支援のために寄付いたします。

多くの皆さまのご高覧、ご搭乗をお待ちしています。



尾崎泰弘+竹田直樹「BIG BANG - 淡路島で木を拾う」@la galerie

作家名:尾崎泰弘+竹田直樹
会 期:2011年4月7日(木)~5月8日(日)
時 間:12:00 ~ 20:00 ※最終日(8日)は17:00まで

※作家プロフィール、在廊予定日等は web にてご確認ください。
la galerie web:http://lagalerie.exblog.jp/12379508/
[PR]
by glanfabrique | 2011-04-29 01:07 | INFORMATION

アクセサリー入荷してます [LilyTale、U、Dialworks、Lump]

茨木ではソメイヨシノの桜は散ったけど、時々実が実ったかのようにたくさんの花びらを重ねて咲きほこっている八重桜を見かけます。
GLAN FABRIQUE の中庭ではツツジがつぼみをつけ始めています。
少し肌寒い春を終え、初夏に向かっていく春がやってきますね。


いつのまにやらmouginsには新しいアクセサリーがたくさん入荷しています。
忘れていたわけではありません。
ここで一気にご紹介!

f0221290_11514141.jpg

まずはLilyTaleのリボンブローチ。
いつもいつも細かなビーズワークで、オトナ女子の心にひっかかるちょっぴりアンティーク感のある素敵なアイテムを持ってきてくれます。
LilyTaleのブローチはなんでもないカットソーに着けるだけでも素敵。

実はネックレスも入荷したのですが、写真すら撮る間もなく入荷したその日に即お嫁に行きました。あれ、素敵だったなぁ。



f0221290_11592267.jpg

こちらはUのネックレス。
いつもは平面のトップなのだけれども、今回はなんだか立体ですよ。
たくさんの色が散りばめられた筒の形は万華鏡みたい。
チェーンが少し短めなので、チョーカーの感覚で着けるといい感じです。
おそろいでブレスもありますよ。

f0221290_1223717.jpg





いつもは建物モチーフが多いけど、
これは島のカタチ?
どこかの国かしら。
はてさて。


Dialworksは色違いのものが再入荷。

f0221290_1254282.jpg





こちらはヘアゴム。
ガラスでこんなにきれいに整った、
そしてこんなにやわらかいお花がつくれるなんて。
春らしい優しい色の組み合わせです。

f0221290_12105137.jpg


このピアスの名前は「yerkes(ヤーキス)」。
アメリカの大きな天文台の名前だそうで、ガラスの色を天体に見立てて天体観測気分でつくられたアクセサリーです。
ぐにゃりとしたガラスの輪っかは、ひとつひとつ微妙な色のグラデーションを見せています。
作る工程で火を使うそうなのですが、その火のあて方により同じ色のガラスでも出てくる色が変わるそう。
そして、光をとおしたその表情も、またきれいなのです。



最後に先月 mougins[:the viewing room] にて展示会を開催したばかりのLumpのアクセサリー。
f0221290_12251918.jpg

革紐シリーズ「small lump」のブレスレット、トップ違いで再入荷です。
私お気に入りの四角のカタチ。
Lumpの革紐はユニセックスな感じではなく、細くて優しい色あいがちゃんと女性らしさを演出していて、そのチョイスがLumpらしくて素敵なのです。

f0221290_12292632.jpg




こんなバージョンも。
こちらのトップの刻印は、
台湾で昔使われていた活版印刷の版を型押ししたものだそう。
活版印刷、今なにかと話題ですが
まさか台湾のものとは。

f0221290_12304219.jpg





ゴールドのアクセサリーも再入荷しています。
こちらは久々お目見え、
ジルコニアがさりげなくキラリと光るしずくのネックレス。
他にも数点再入荷しています。


だんだん暖かくなってきて着るものも薄くなってきて、色々アクセサリーをプラスしたい季節ですね。
そんなプラス、のアイテムを探しにぜひmouginsに遊びにきてくださいね!
[PR]
by glanfabrique | 2011-04-20 12:42 | mougins

有機栽培、バードフレンドリーの、その先へ。

GLAN FABRIQUE cafe 百花 moka では、有機栽培や野生栽培(バードフレンドリー)などの、サスティナビリティ(sustainability = 持続可能性)に配慮したコーヒー豆にこだわり、現在のことだけでなく未来のことも考えながら、環境や人々のくらしをより良い状態に保ちたいと考えながらコーヒーを提供しています。

この春より、もう一歩踏み込んで、環境に配慮した農法をとっている「農園」レベルで指定した、スペシャリティコーヒーを、だいたい月替わり&数量限定で提供いたします。

収穫量にも限りがある希少なコーヒーを「エアロプレス」でしっかりと抽出。スペシャリティならではの風味や味わいを余すことなく味わっていただきます。

まずご紹介するのは、高品質なコーヒー産地として近年注目を集める中米パナマの「ドンペペ農園」です。
収穫後、コーヒーの実から果肉を取り除き、豆に付着したぬめりを残したまま乾燥させる、“ハニー仕立て”と呼ばれる精選方法は、時間がかかりますが、独特な香りと風味に仕上がります。

すっきりとした華やかな香り、爽やかな甘みと豊かなコクをお楽しみください。
[PR]
by glanfabrique | 2011-04-20 09:17 | cafe百花

OUR JAPAN LABEL はじまります。

f0221290_22331100.jpg

今回の東日本大震災被害を受けて、何人かの取り扱い作家達から「少しでも力になりたい!」と声があがりました。

GLAN FABRIQUE では、彼らの気持ちを皆さんに伝え、困難と闘っているひとりでも多くの人たちに届けるために、OUR JAPAN LABEL をつくりました。

このラベルが付いた商品の売上げの一部を東日本大震災の被災地支援のために寄付するという「しるし」です。

お預かりした募金は、責任を持って「日本赤十字社 東北関東大震災義援金」窓口へ送金いたします。

この、細く、小さいかもしれない流れでも、できる限り長く温度を保ち、繋がり続けようと想うことが大切なのではないかと考えます。

想いを共にしてくれる作家の皆さんに感謝します。


OUR JAPAN LABEL 参加作家 4/11現在

◆BOOKS+コトバノイエ:http://kotobanoie.com/
◆aoM:http://aom02.exblog.jp/
◆Juge accessories:http://www.juge-made.com/
[PR]
by glanfabrique | 2011-04-13 22:29

定休日変更のお知らせ

4月より GLAN FABRIQUE の定休日は、毎週火・水曜日に変更となりました。

ご来店の際はご注意ください。



GLAN FABRIQUE are.....
●●●●DESIGN WORKS + la galerie + mougins + cafe百花moka + mooore!!!
●●● GLAN FABRIQUE 1 / 2F,1-8-28,EKIMAE,IBARAKI,OSAKA,567-0888 JAPAN
●●  TEL : +81-(0)72-621-6953
●   http://glanfabrique.com/



copyright 2003-2011 GLAN FABRIQUE inc. All rights reserved.
[PR]
by glanfabrique | 2011-04-13 22:27 | INFORMATION

「TAP PROJECT 2011」へのご協力ありがとうございました。


支援先を、東日本大震災 被災地に変更して募金をお願いしていました「TAP PROJECT 2011」ですが、4月1日に一旦集計させていただき、寄付をさせていただきました。
皆さまよりお預かりした寄付金、¥ 6,558.- を、日本ユニセフ協会「東日本大震災緊急募金」宛へ送金いたしました。
皆さまのご協力に感謝いたします。

そして、引き続き TAP PROJECT 募金箱を設置して、期限を限ることなく、継続的に募金のお願いをしてまいります。
お預かりした寄付金は、日本ユニセフ協会を通して、全額を被災地の子どもたちへの支援に活用させていただきます。
これからも皆さまのご協力をお願いいたします。

f0221290_2294418.jpg

あなたが飲むコップ1杯の水が、誰かの命を守るチカラになる。TAP PROJECT × GLAN FABRIQUE
[PR]
by glanfabrique | 2011-04-13 22:10 | INFORMATION

尾崎泰弘+竹田直樹 展覧会始まりました

昨日は春というより初夏?な陽気でしたが、今日はしとしと雨。
窓全開な昨日とはうってかわって、今日は静かな店内です。

さてさて、昨日より新しい展示が la galerie にて始まりました。

f0221290_12562783.gif


尾崎泰弘+竹田直樹「BIG BANG - 淡路島で木を拾う」。

淡路島を拠点に活動する二人のアーティストによる展示です。


無数の「森の宝石」と「異次元飛行装置」。


展示は5月8日(日)まで。
ぜひご高覧ください。


作家プロフィール、在廊日等詳しくはこちらまで→
[PR]
by glanfabrique | 2011-04-08 13:37

紙モノ新作入荷しました [田中嘉代、ガラックグラフィック、月刊ビル]

こまごま紙モノ、色々入荷しています。


まずはコチラ。

f0221290_15544481.jpg








ファンの方、お待たせいたしました!
月刊ビル4号です!

今回もアツイですよ。
内容は、、、もちろん読んでのお楽しみ!

他のお店ではもう売り切れ?な、1号~4号、揃っています。
この4号をきっかけに、最初から揃えてみるのもいいかも。



f0221290_15591970.jpg

こちらはガラックグラフィックの一筆箋。
男性的なカッコイイデザイン、な動物たち。
一筆箋って気持ちを添えるのにとっても便利。
この動物たちにその想いを乗せて一言添えるってちょっと素敵です。


そしてコチラ、
温かみのあるイラストで人気の田中嘉代のペーパーグッズ、新作登場です。

f0221290_16263984.jpg


優しくて明るい春色のデザイン。
「菜の花」柄、私お気に入りの「ツバメ」柄、そして花より団子、「花見団子」柄。

キンプウは相変わらず人気アイテムのひとつですが、実はレターセットもひそかに人気。
こちらの菜の花レターセットの封筒は「さしこ」という紙で作られたそう。
刺し子のような透かしの入った、なんだかほっこりあたたかくて優しい風合いの紙。
田中さんのお得意とするトコロ。
他にもまだ紹介していないアイテムがいくつか。
ぜひmouginsに見にいらしてください。



そんなこんなでひそかにモノが増えているmougins。
ぜひ遊びにいらしてくださいね。
[PR]
by glanfabrique | 2011-04-02 17:10 | mougins